シュレーゲルアオガエル/ニホンアマガエル/ニホンアカガエル/ヤマアカガエル

こちらは、アマガエル君たち、4種類のカエルが入った水槽。

見分けが難しいですが、こちらは、おそらく、
シュレーゲルアオガエル君でしょう。

う~ん♪見事な黄緑色ですね♪

【シュレーゲルアオガエル基本情報】
・体長はオス3.2~4cm、メス5~5.5cm。
・あぜなどに掘った浅い穴の中に、白い泡に包まれた卵を生む。
・幼生(おたまじゃくし)は雨によって水のある所まで流される。

シュレーゲルアオガエルの繁殖は、その白い泡が独特です。
まず、メスが、卵と膀胱(ぼうこう)内にためた粘液と水を
後ろ足で混ぜあわせ、泡のかたまり(泡巣)を作ります。

同時に、オスが、一緒に後ろ足で泡をこねながら放精(ほうせい)し、卵を受精。
こうしてつくられた泡巣が高温と乾燥から卵を守る、というわけです。

本州ではシュレーゲルアオガエルが田んぼのあぜなどに土の中に産卵するのに対し、
モリアオガエルは水面にはり出した木の枝などに産卵します。

それにしても、
同じ水槽に、ニホンアマガエルもいるんですが、
シュレーゲルアオガエルと、私には見分けがつきませんでした。。。

【ニホンアマガエル基本情報】
・体長2.2~4.5cm。
・周囲の色に合わせて、体の色を変えることができる。
・春から夏にかけて、田んぼや池で卵を産む。

色白の、このお方、どっちですかね?(笑)

あと、茶色のカエル君たち2種類も、見分けが困難!
どっちがニホンアカガエルで、どっちがヤマアカガエルでしょうか?

【ニホンアカガエル基本情報】
・全長3.4~6.7cm。
・12~3月に産卵し、その後、5月ごろまで休眠する。
・幼生(おたまじゃくし)の背中に1対の黒点がある。

【ヤマアカガエル】
・全長4.2~7.8cm。
・ニホンアカガエルによく似ている。
・違いは、背側線が目の後ろで曲がっていること。

じゃあ、この茶色二匹はどっち???

「ハッハッハッ、わかんねーだろ。ケロケロケー(笑)」と言われているようで、
ちょっと悔しかったです(涙)。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:長良川上流から中流

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像