雲南省の魚 ラスボラ・スマトラナ

先に登場する銀色の体に黒の一本線の魚が、ラスボラ・スマトラナ君。

ラスボラ・スマトラナは、
全長約13センチで、小川など支流から大きな川の下流に住み、
ゆったりとした流れの酸素が多い場所を好みます。
日本では観賞用の熱帯魚として、飼われることが多いです。

じっとしていることが多く、撮影するがはラクな魚君です(笑)。
でも、実は、結構、遊泳力があるとのことです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:中国の淡水魚

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像