エンツユイ/アオウオ/コクレン/ダントウホウ(揚子江の魚2)

揚子江の魚2の水槽です。

コクレンは、体調約1m。コイの仲間で、池や沼、川のよどみを
ゆっくり泳ぎながら主に、動物プランクトンを食べます。

コクレン君のアップです♪

エンツユイ(イェンツーユイ)は、全長60cm~1mと大型の魚。
下向きについた口で、砂や泥を吸い込んで、
砂や泥の中にもぐっている生き物を食べます。

エンツユイは、成長するに従って、体やヒレの形、模様が
大きく変わるので、昔は別々の4種類の魚と
考えられていたそうです。おもしろいですね。

(アクアトトさんの説明より)

ビデオを見ると、もう1種類大きな魚がいますが、
これはアオウオです。全長は大体50cm~150cmで、大きいものは2mにもなります。
コイに似ていますが、ヒゲが無いのが違いです。

味の良さと成長の早さから、中国では、ソウギョ、ハクレン、コクレンとともに、
『中国四大家魚』を呼ばれ、重要な食用魚となっています。

そして、もう一種類、きれいな菱形をしているのが、ダントウホウ(団頭魴)。
武昌魚とも呼ばれ、中国の湖北地方の名物料理になっています。
全長約45cmで、毛沢東が好んで食べたので、毛沢東魚とも呼ばれるそうです(笑)。

【中国 湖北】
湖北省は、揚子江のちょうど真ん中あたりですね。

大きな地図で見る

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:中国の淡水魚

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像