岡山県吉井川の魚:オヤニラミとアユモドキ

こちらは西日本代表、岡山県吉井川から、オヤニラミ君とアユモドキ君です!

オヤニラミは、全長約10cm。面白い名前の魚ですよね。

名前の由来には、いろんな説があり、

・オスが卵を保護するので「親が、にらみを効かす」
・縄張り意識が強いことから「たとえ親でも、にらむ」
・体に目玉模様(眼状紋)があるので、それが「親をにらんでいる」

など言われています。

スズキ目ケツギョ科に分類されるスズキの仲間。
朝鮮半島南部と西日本の川だけに生息する淡水魚で、
かつて朝鮮半島と日本がつながっていた証人でもあります。

日本在来のスズキ亜目魚類の中で、海と川との回遊をしない純淡水魚は
オヤニラミだけらしいです。

アユモドキは、全長約15cm。
アユに似ているから、この名前がついたんだそうです。

でも、実は、ドジョウの仲間(コイ目ドジョウ科アユモドキ属)。
ちなみに、本物のアユは、サケ目アユ科です。

昔はアユ釣りのおとりにも使われていたそうですが、
最近は環境破壊で激減しています。


(写真、上手に撮れていなくて、スミマセン。。。)

【岡山県の吉井川】

吉井川(よしいがわ)は、岡山県東部を流れる吉井川水系の本流で、
一級河川です。旭川、高梁川と並び、岡山三大河川の一つです。


大きな地図で見る

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:東西日本の淡水魚

トラックバック&コメント

トラックバック

  1. [...] 参考記事: 岡山県吉井川の魚:オヤニラミとアユモドキ [...]

コメント


このページの先頭へ

イメージ画像