釧路湿原の魚:日本最大の淡水魚イトウ

こちらは、淡水魚、東日本代表で北海道から来てくれました。
1.5メートルにもなる、日本最大の淡水魚、イトウ君です。

北海道の釧路湿原からの登場です。

大きな地図で見る

イトウは、北海道に住んでいるのですが、以前は東北地方にもいたらしいです。
アイヌ語ではチライ、またはオヘライベと呼ばれます。

サケ科に属す、サケの仲間です。
(サケ科魚類は、イトウ属、イワナ属、サケ属があります)

湿原の川や湖に棲み、大食いで体も大きくなることから、
大ジカを丸飲みしたイトウが死んで川をせき止め、
湖ができた、という話もあるくらいです(笑)。

全長1mになるまでに16~17年かかると言われ、
一番大きなものは2mという記録もあるとのこと。

でも、現在では、環境汚染や乱獲で数が減り、
大きな体のものは、いなくなってしまったらしいです。
残念ですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:東西日本の淡水魚

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像