メコン川淡水環境研究所

3、4階は長良川でしたが、
ここ2階は、長良川から離れ、アジアの淡水魚になります。
メインは、東西日本、中国とメコン川。

アジアの淡水魚は、メコン川の岸辺にある
『メコン川淡水環境研究所』に展示されているという設定です!

日本人の博士が、メコン川の環境調査をしながら、
日本と東南アジアの淡水生物の比較研究をしている、
ということなんだそうです。

だから、入り口は、こんなふう。
こんなふうに、棚や服まで展示され、雰囲気を盛り上げてくれてます。

ビデオを撮ってきました。雰囲気を感じてみてください。


ちなみに、メコン川は、東南アジアにあるんですよ。

大きな地図で見る

ベトナムなんかでは、メコン川でクルーズなども行われているみたいですね。
こちらは、Youtubeからのビデオです。メコン川のジャングルの様子です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:アジア

トラックバック&コメント

トラックバック

  1. [...] メコンオオナマズは、その名のとおり、 メコン川に住む巨大ナマズなのですが、生態には謎が多く、 メコンオオナマズにまつわる伝説などが多くあります。 [...]

コメント


このページの先頭へ

イメージ画像