下流にいるカニ(ベンケイガニ/クロベンケイガニ)

下流にいるカニの水槽です。

いるのは、ベンケイガニと、クロベンケイガニ。
赤いのがベンケイガニで、茶色いのがクロベンケイガニです。

【ベンケイガニ(弁慶蟹)基本情報】
・甲幅3cm。
・暗く湿った場所を好み、昼間は明るい場所には出てこない。夕方、穴から出てくる。
・雑食性。小魚や動物の死骸などを食べる。農作物を食い荒らすことも。
・名前は甲のゴツゴツした質感が武蔵坊弁慶を思わせることからついた。

【クロベンケイガニ(黒弁慶蟹)基本情報】
・甲幅3.5cm。
・エラが湿っていれば呼吸ができるので、水から離れた場所でも暮らせる。

豆知識ですが、
川にいる多くのカニは、一生を淡水で暮らすわけではありません。

カニは、幼少期を海で過ごします。そのため、
親ガニは産卵の時期になると、海に下ります。

唯一、サワガニだけは海へ下ることがなく、一生を淡水で過ごします。
淡水に完全に適応しているカニは、日本ではサワガニだけです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:長良川中流から河口

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像