用水路の生き物

この水槽は、タナゴの仲間がメインで、
アブラボテ、シロヒレタビラ、ヤリタナゴがいます。

ビデオもどうぞ~。

タナゴの見分け方は、こちらをどうぞ。

タナゴ君たちは、すべて、産卵を生きた二枚貝にするらしいです。
すごいですよ、その産卵方法。

産卵期になると、メスの腹には産卵管というものが伸びてきて、メスは、その産卵管を貝の出水管に差し入れ、貝のエラに卵を生みつける。そして、オスは貝の入水管付近で射精し、貝の中の卵を受精させる、とのこと。

ビックリです!(笑)

その他、この水槽には、
魚は、シマドジョウ、カワバタモロコがいて、
魚以外は、スジエビと、ヒメタニシもいます。
見えましたかね?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:長良川中流から河口

トラックバック&コメント

トラックバック

  1. [...] タナゴの仲間は、二枚貝に卵を産み付けることは、用水路の生き物のページで書きましたが、 実際は、その共存関係は、もっと複雑です。 (↑アクアトトさんのイラストより) [...]

コメント


このページの先頭へ

イメージ画像